インドでパン作り~インドの小麦粉について~レシピもご紹介

インドで自炊

こんにちはインド・グルガオン在住Konorikoです。

私はパンが大好きなのですがインドの市販のパンはパサパサしたものが多く、自分好みのパンになかなか出会えません。(一説によるとパサパサ食感がインド人の好みのため失敗しているわけではなく、目指してパサパサのパンを作っているらしいです。)

無いなら作ればいいじゃない。

ということでパンは作ることにしました。普段作っているパンの作り方をご紹介します。

小麦粉について

インドで普通に購入できる小麦粉にはAttaMaidaがあります。

Attaは全粒粉、Maidaは精製小麦です。

チャパティを作るときの粉はAttaで、ナンはMaidaで出来ています。

パン作りには「強力粉」を使いますがインドでは「強力粉」と書いてある粉は見つかりません。

強力粉と薄力粉の違いはタンパク質量です。

それぞれのタンパク質量はだいたい以下です。
・強力粉:11.5%〜13.0%

・準強力粉:8~12%
・薄力粉:6.5〜9.0%

Maidaの成分表を見てみると
Maida100gあたりタンパク質は12g(12%)です。

Atta↓は100gあたりタンパク質は10.8g(10.8%)です。

Maidaは強力粉くらいのタンパク質量、Attaは準強力粉くらいのタンパク質量ですね。

ということでインドの小麦粉Maidaはパン作りに使えそう!ですね。

Maidaでいろんなパンを作ってみた

ということでいろんなパンをMaidaで焼いてみました。

クロワッサンも焼ける。

Attaは全粒粉なので少し混ぜて全粒粉パンにもしています。

パンレシピ

今回は私が良く作るパンのレシピをご紹介します。

ずぼらなので「こねないパン」をよく作ります。

低温長時間発酵なので夜に仕込んで朝焼くことが多いです。慣れれば仕込み作業時間10分ほどでできます!

ハード系のむっちりとしたパンができますよ。

材料

  • Maida 175g
  • Atta 55g
  • 塩 3g
  • ドライイースト 1g
  • 水 150g

作り方

①水以外の材料をボールに入れホイッパーでよく混ぜ、水を加えてさらに混ぜる。
途中からヘラに持ちかえるか手で混ぜる。

②粉気がなくなったらひとまとめにしてボールにそのままラップをして冷蔵庫で一晩(8~10時間)低温長時間発酵させる。

③発酵後、生地を6等分し丸め直し常温で1.5倍サイズになるまで二次発酵
室温によるが20分~1時間ほどで1.5倍サイズになる。

④220度のオーブンで12~15分焼く
※焼き色を見ながら時間は調整してください。

発酵後にナッツやドライフルーツを加えても美味しいです。

使っているオーブン

ちなみにオーブンは立派なものでなくても大丈夫です。

私が使っているオーブンは↓こんなやつです。

26Lの大きめのトースターみたいな感じです。

商品リンク(Flipkart)

このときはセールでINR3300(約5000円)くらいで購入しました。

このオーブンでパンもケーキもグラタンも焼けます。

コメント